JUST BLISS

JUST BLISS

日記、留学、英語、アスレティックトレーナーなどのお話。

ビザ申請でエージェントを利用するメリット・デメリット

f:id:glorykn-aug8:20180812101246j:plain

Hi!台風ジョンダリとかShan Shanとか誰が命名してるんだろうか気になって夜も眠れない今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回はカナダのワーホリビザのお話。

自分はエージェントを介さず、自分でカナダのWork Permitを取得した(アメリカの学生ビザも自分で取得経験あり)のですが、このご時世、自分の代わりにビザを取ってくれるエージェントがいろいろといるわけで、双方のメリット・デメリットなんなのか!?というのを今後ビザを取得しようと考えている人のために独断と偏見でまとめてみたので参考までにどうぞ!

カナダ留学をしようと思った理由はコチラ

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

  1、エージェントに頼む

メリット

・言われた必要書類を提出するだけ

・確実に手に入れられる

 

デメリット

・頼むのに余計なお金がかかる

・提携している海外保険に加入する義務がある可能性あり

・学校やホームステイ先の紹介でも余計なお金がかかる可能性あり

 

まとめ

確実に手に入れられるがお金はかかる

・保険などの縛りがあると尚更お金がかかる

 

 

  2、自分で申請

メリット

最安値で申請できる

・保険や住まいなども自分で決められる

 

デメリット

・書類不備で申請やり直しになる可能性

・全て英語なので、英語に自信がない場合は時間が余計にかかるかもしれない

・参考にしていた日本語マニュアルが古いものかもしれない

 

まとめ

・なんといっても最安で取れる

・何もかも自分でやらないといけないため英語力は必須

 

スポンサーリンク

 

  3、カナダのビザ申請について

カナダのビザ申請はもう全てオンラインなので、ぶっちゃけ自分で申請できちゃいます。

ただ、その中で不備があったり、Noと答えるべきところにYesと答えてしまったら今後一切カナダのビザを取れなくなってしまう可能性も、、、(大袈裟な話ですが)

 

あと自分みたいに他の国に半年以上滞在していて、その国の無罪証明書が必要だったり、健康証明書が追加書類で必要だったりすると割と面倒になってきます。

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

アメリカの無罪証明書の取得方法についてはコチラ

 

 

  4、どんな人にエージェントがオススメか

お金に余裕があればそりゃもちろんエージェントに頼んだ方が簡単です。

 

また、現地で語学学校などに通う場合は同じエージェントを通してこれまた簡単に学校やホームステイ先も探せちゃうので、とりあえずお金を払って安心安全に全て決めて行きたい!みたいな方々はエージェントがオススメです。

 

スポンサーリンク

 

  5、どんな人が自力で取得すべきか

逆に、自分みたいにお金が無くてある程度英語ができるのであれば自分で取得しといた方がいいと思います。

 

英語が苦手でも今の時代はネットにいくらでもやり方は載ってます!(ただそのマニュアルのソースや更新日などは十分に注意が必要)

他のいろいろな方も言ってますが、これからカナダで1年間滞在するなれば、そのくらいの英語力は必要になってきます。

 

ちなみに自分がカナダのワーホリ申請でかかった諸々の申請費以外のお金は240円ぽっちです笑(なんならここをゼロ円にも出来る人はできます)

さらに、変に高い保険などに強制加入されることなく、自分で安い保険を探して加入することができます。(1年間の保険費は意外とバカにならないので、、、)

 

とどのつまり、自力で取得したらとにかくお金を節約できる+自分の英語力の向上+ネットを行使する力の向上など、、、メリットだらけです。

 

しかーし!そこで不備があって取得できなかったら元も子もないないので申請時は細心の注意を!

 

ちなみに自分がアメリカの学生ビザを申請するときに試行錯誤した話はコチラ。

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

 

では、次回は自分が240円で申請したやり方について紹介します!

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

Bye!