JUST BLISS

JUST BLISS

日記、留学、英語、アスレティックトレーナーなどのお話。

アメリカ留学ふんばり記 #7 ミシガン湖の朝日を甚平を着て見に行ったら絡まれたお話。

Hi!

 

久しぶりに日本人と長めに会話したら、日本語を喋り続けることに違和感を覚えて、ちょくちょく英語を挟まずにはいられない今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

はい、かぶれてきています笑

 

 

今回は先週なんですけども、プチアンバサダー活動(自分で勝手にそう思ってるだけ笑)として甚平を着てミシガン湖の朝日を見がてら散歩してきたので、その紹介とその時の珍出来事についてお話しをしようと思います。

 

 

 1、起床

9月9日の5時50分くらいに起床。前日はFriday Nightということで友達の部屋で飲んでたので、2時に寝てちゃんとこの時間に起きれた自分を褒めてあげたいです。(違う日を選べよっていう笑)

 

何をするかといいますと、寮の近くにミシガン湖があって、朝日はめちゃめちゃ綺麗なんだろうなと、来た時から思っていたのでさぁ見に行こうということで早起きしました。

 

プラスして、渡米前に友達からもらった甚平と下駄を履いてアメリカで散歩するという、プチアンバサダー活動(日本の文化を発信する活動)をするとトビタテ生の友達と何故か約束してしまったので、それも同時に決行することにしました。

 

ちなみにこの日の朝の気温は14℃

外にでた瞬間、とにかく寒かったです笑

 

 

 2、Sunrise

ミシガン湖に到着。ギリギリ朝日が出てくる前に着くことができました。

 

数分後、朝日が昇り、そこに広がっていた景色は……

 

f:id:glorykn-aug8:20170917083221j:plain

f:id:glorykn-aug8:20170917083247j:plain

 

いやもう、眠気を一気に吹っ飛ばすような光景。

美しすぎます…

 

f:id:glorykn-aug8:20170917083357j:plain

f:id:glorykn-aug8:20170917083320j:plain

 

ちゃんと甚平と下駄アピールもしてきました。(朝日見ていた人そんないなかったけど笑)

 

 

いやー、今回は寂しいことに一人で見に行ったので、今度は誰かと見に行きたいですね~。そして冬の雪があるときの朝日とかも凄そうなんで、また行きたいと思います。

 

 

 3、帰宅途中に絡まれる

何やかんやで1時間くらい朝日を堪能し、帰宅することに。

 

行く時は朝早かったので車も人通りはほぼなかったのですが、7時過ぎくらいになると意外と増えていて、ザ異文化みたいな恰好をしていた私は通行人や車に乗っている人にじろじろ見られました…まぁ、アンバサダー活動としてはこれが正解。笑

 

特に下駄はカタカタ音をたてるし、割と目立っていたのである黒人の方に話しかけられました。

以下、会話の様子。

~~~~~~~~~~~~

 

相手「Hey, 兄ちゃんの靴かっけぇーな。どこの出身なんや?」

 

自分「あざーす!日本に決まってるだろい」

 

相手「日本人かよ!すげぇ!日本人ってくそ優しいって有名だろ!お前もすげぇ優しそうじゃねーか!」

 

自分「え、あ、ども…」(これは…なんかヤバそうな予感)

 

相手「俺よ、いまから家に歩いて帰るんだけどめちゃめちゃ遠いんだよ。だから、お前の優しさでバス代くれよ!!」

 

心の声(うわー、まじかやべぇな。かもられてるな)

 

相手「頼むよ兄ちゃん!!お願い!!」

 

自分「ごめんなさい、今財布持ってきてないんだ。じゃあね」

 

相手「本当おねがいだよ~!帰れないよ!5ドルでいいからさ!」

 

自分(5ドルって高いなおい…)

  「いや、本当にないんでごめんさい」

 

相手(ちっ…)あからさまに不機嫌に

 

自分(うひょーー。なんかされなくてよかった~…逃げよう…)

カタカタカタカタ……

~~~~~~~~~~~~

 

下駄をカタカタと音をたてながら小走りで逃げました笑

 

日本人と言った瞬間に、すぐお金を要求してきました…

適当に誤魔化してればよかったなぁと思いつつもまぁ恰好が恰好だったので仕方がないですね。そして、今回は自分一人で歩いていたのでもしかしたら、もしかすると危ないことになっていたかもしれないので、みなさんは気をつけましょう。笑

 

特に夜とかは危ないということなので、夜中一人で歩かないように注意しましょう!

 

 

ミシガン湖の美しい朝日と、甚平でアメリカを散歩というプチアンバサダー活動、一人で歩いていたら変な人に絡まれるといった、濃い内容のある朝の出来事のお話しでした。

 

Bye!