JUST BLISS

JUST BLISS

日記、留学、英語、アスレティックトレーナーなどのお話。

受験勉強で奮闘したお話し。

 

Hi!

暑い暑いと言いつつも、熱々の親子丼を一人で食べまくっている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

親子丼は安く作れるし、とっても簡単!

下宿生男子にはもってこいの料理ですね~

上京して3年以上経つわけですが、大学入学のために上京してきた自分…

そんなことを夢見る高校生なんかも多いのではないでしょうか。

今回は受験勉強で奮闘して、見事?上京できたお話しをしたいと思います。

 

 


 1、高校2年生の時の悪夢

前回らへんの記事を読むと、話が入ってきやすいかもしれません!

そして、大学受験は3年以上前のことでうろ覚えなのと、現行の大学入試などとはシステムが異なるところもあると思うので参考までに見てください笑

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

過去の記事で書いた通り、私は推薦組で入学しました。

そして一般的に、推薦組は頭が悪いとされていました。何故かというと、入る時にぶっちゃけテストがないから(笑)

でも、自分は大丈夫だろうと、何故か自信がありました。

そして、迎えた入学してから最初のテスト……

見事に280位/320人中!!!!という素晴らしい成績を残しました(自虐)

 

これはまずいぞ…バスケと勉強は両立せなあかん!!!

ということで、登下校中のバスの中などで必死に勉強しました。

そしたらなんと、最初の中間テストで28位にランクアップ(笑)

 

という感じで、なんとなく勉強ができるキャラになってしまった自分は、

まぁなんとなーく勉強し続けました(笑)

それからはずっと二ケタ台を推移します笑

 

そんなこんなで、時は進み、高校2年の冬。

私の学校は2年の冬に先輩と一緒のセンター試験の問題を英国数だけ受けるというセンタープレテストなるものがございました。

のほほーんと勉強してきた自分はまぁ、マークだから大丈夫しょ!という軽い気持ちで受けました。

国語と数学はまぁそこそこの点数でした。

しかし、英語で悲劇が……

90点/200点中!!!!

いやー…自分は英語にそこまで苦手意識がなかったので、この点数はもう衝撃的でしたね…

 

この点数を見た1個上の兄に

「お前、あと1年しかないのにそれはやばいぞ。英語だけはやっとけよ。」

…というありがたきお言葉を頂きました(笑)

 

 

2、愛読書は速単

衝撃的な事件から、私の愛読書はスラムダンクから速単に変わりました!

高校1年のときから英語の授業の最初に毎回英単語のテストがあったのですが、まぁあんまり真面目にやってませんでした。

しかし、これを機に真面目にやるようになり、朝も通学のバスでも朝練後も休み時間も帰りのバスでも夜寝る前もひたすら速単をやりました。

速読英単語1必修編[改訂第6版]

速読英単語1必修編[改訂第6版]

 

 ”速単”というのは”速読英単語”のことで、入門編・必修編・上級編があります。

これは、文章のなかから英単語を覚えるというもので、文と結び付けて覚えることができるので、非常に記憶に残りやすいです。

速読英単語1必修編CD[改訂第6版]対応 (<CD>)

速読英単語1必修編CD[改訂第6版]対応 ()

 

 自分はCDを友達と一緒に買ってシェアしたりしてました(笑)

文章とそれぞれの英単語の発音も聴けるので、セットで使うと鬼に金棒です!

 

センター試験に関しては、この速単の入門編と必修編で十分に単語数は足りると思います。

しかし、自分は国公立大学を目指していたので、単語数がもう少し必要だと感じ、

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

 

 この”鉄壁”という英単語帳も愛用していました。これは、文章から覚えるのではないのですが、類義語がたくさん載っていたので、英作文の際に役に立つと思って使っていました。

 

この”速単””鉄壁”はオススメですね!

単語力がつくし、速単に慣れれば、文章慣れもします。また、CDと併用することでリスニング対策にも!!

 

 

3、ミスド大好き受験生

受験生って、田舎の方だとマックで勉強しているイメージです(笑)

自分もたまーにマックで勉強していたのですが、うるさすぎて断念…

スタバは高校生には高い…でもコーヒー飲みたい…

そんな自分がたどりついたのはミスドでした笑

ミスドはコーヒーお代わり自由なんですよね。しかも、朝に行けば朝セットなるものがあって、300円ちょっとでドーナツとコーヒーがゲットできてしまうのです!

 

しかも、自分が行ってたミスドは客層が主婦しかいなかったので、割と静かに勉強できてました(笑)

最高記録は、9時から18時くらいまで朝セットで粘ったことがあります…

(スーパー長居してしまってすいませんでした笑)

…しかし、去年帰省したときに、その思い出のミスドが閉店していたので本当に悲しかったですね…

 

…ま、でも、東京に来てみたら高校生もスタバとかで勉強してますね(笑)

みんなお金持ち!!お店に迷惑がかからない程度にして利用しましょう!

(自分はどうなんだよっていうツッコミはこらえてください…)

 

 

4、センター試験の失敗談

この失敗は今でも覚えています…

…それは、テスト前にコーヒーを飲んでしまったことです…笑

実は私は、コーヒーは大好きなのですが、カフェインに弱くてトイレめっちゃ行きます笑

センター試験の朝、雪が降ったり、渋滞にはまると遅刻してしまう恐れがあったので、家をめちゃめちゃ早く出て試験会場の近くの駅のスタバで時間をつぶしていました。

…緊張のためか、禁断のコーヒーを飲んでしまったんですよね。

確かにその場では大好きなコーヒーが飲めて安心感に溢れていましたが、いざセンター試験が始まると…

毎休み時間トイレにダッシュしていました!!!笑

もうこれは、悲劇ですよね… テスト前の大切な確認時間をすべてトイレ時間につぎ込んでしまったのですから…

 

これを機に、大事なテストなどの前にはコーヒーを飲まなくなりました(笑)

 

 

5、結果…

受験勉強に奮闘したお話し…といいつつ、ほとんど著者のおふざけ話になってしまいましたが、センター試験やら2次試験の結果などをお話しして終わろうかなと思います。

 

センター試験は普通っちゃ普通の点数でした。

英語はあの高校2年の事件から約70点アップし、8割。

全体で言うと、77%だったと思います。

 

でも、私は神戸大学を目指していて、センターの点数も割と重要だったので、2次で逆転が必要でした。

…え?神戸大学ってアスレティックトレーナーの資格取れるの???…って思った方がいるかもしれません。

はい、取れません(笑)

そしたら、なぜ他のアスレティックトレーナーの資格が取れる大学ではなくて、神戸大学を第1志望にしたのかといいますと…

…あんま覚えてません(笑)

 

…っていうのは冗談で、当時はなんかスポーツ科学系の大学いけば資格とれんじゃね?みたいは良くわからない考えがあり、

祖父母の家が神戸にあること、関西に住みたかったこと、スポーツ科学系の学部があることから神戸大学を目指していました。

んまぁ、今上京して神戸大学に行ってないということから、落ちたってわかるとおもいますが、敗因は英語でした……

 

2次は英語・数学・物理・化学だったのですが、数学、物理、化学は7割近く取れてたのに、英語が4割で撃沈しました…

しかも英語が一番配点が高かったので、英語が5割でもいけばたぶん受かってました。

 

 

…なーんだ、奮闘して結局落ちたんかいと思うかもしれませんが、確かに当時はショックでしたね。

でも、最終的に法政大学に入って上京して、受験で失敗した英語をめっちゃ勉強して、留学にいけたりもしてるし、アスレティックトレーナーも目指せてるし、なんだかんだ充実した大学生ライフを送っています。

 

受験勉強に関しては、結果が全てと考えている方もいるかもしれませんが、自分はその過程もすごく大切だと思います。

必死になって勉強したことは将来役に立つかもしれないしれません。

そして受験勉強のあと、大学入学してからがもっと大切です。

大学入学なんてスタートラインに過ぎないし、大学も人生の通過点でしかありません。

 

だから、”大学に入って何をするのか”が重要です。

 

自分は受験で英語で失敗したけど、英語を必死に勉強して留学が決定しました。

第1志望の大学に入ったのに、ふらふらと遊んでいる大学生も沢山います。

別に、学生のうちしか遊べないと思うのでそれはそれでいいと思います。

自分の人生の過ごし方に正解も不正解もないので、自分が好きなことをやればいいと思います!

後悔しないような大学生ライフ過ごしてください!!

 

まぁ…そのためにまず受験勉強ですね(笑)

f:id:glorykn-aug8:20170522225305j:plain

参考までに受験期に使っていた中のオススメの参考書たちです。

 

また、参考書について記事を書くかは未定ですが、何聞きたいことなど質問があったらコメントしてみてください。

ちなみに、法政大学の入試のための勉強はあまりしてません。でも、実は…入試で成績優秀者だったため特待生として入学できました。

自慢とかではなく(笑)、第1志望のために必死で勉強していたおかげだと思うので、滑り止めの対策よりかは、第1志望への対策を重点的にやってみると良いかもしれません。

この記事を読んで少しでも受験勉強のモチベーションアップや、大学での勉強のモチベーションアップに貢献できたらいいなと思います!

 

Bye!

 

 

広告を非表示にする