JUST BLISS

JUST BLISS

日記、留学、英語、アスレティックトレーナーなどのお話。

アスレティックトレーナーになるための大学選び。

Hi!

何だか5月なのにとってもとっても暑い今日この頃、

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

って、感じの始まりってどうですかね(笑)

ブログ始めたてでまだ手探り状態なので、ご了承ください!

 

ということで、前回予告した通り、今回はアスレティックトレーナーになるための大学選びについてお話ししようと思います!

f:id:glorykn-aug8:20170605140706j:plain

 

 


  1、3つの選択肢

この記事を読む前に、こいつなんでアスレティックトレーナーなんて目指してるの?アスレティックトレーナーってなに?

と、思った方は、是非前回の記事をお読みください。

athletictrainer-0428studyabroad.hatenablog.com

そんな、著者の昔話なんてどーでもいい方は読まなくても大丈夫です(笑)

 

まずアスレティックトレーナーの資格は日本では日本体育協会という財団法人が出している資格です。

ですので、今のところあくまでもスポーツ指導者という位置づけです。

ちなみに、世界で初めてアスレティックトレーナーの資格をつくったアメリカでは、準国家医療資格になっており、よりメディカルな資格になっております。

(アメリカのアスレティックトレーナーの資格についても追々書いていきたいです。)

 

余談なのですが、なんか名前が日本スポーツ協会に変わるらしいです(笑)

スポーツ庁もできて、時代は体育からスポーツに変わっていく流れなのですかね~

自分的にはスポーツはスポーツ、体育は体育でそれぞれ良いところがあると思うので、そこを一緒にしなくても…?ってちょっとだけ思ってます笑

 

話が脱線しましたが…(笑)

日本でアスレティックトレーナーの資格をとるには3つの選択肢があります。

  • 日本体育協会主催の養成講習会に参加
  • 免除適応コース承認校(専門)に入学
  • 免除適応コース承認校(大学)に入学

現在(2017年5月)では、この3つが主な手段となっています。

この3つの選択肢の中で、

共通科目 152.5時間 専門科目 600時間 現場実習 180時間

のカリキュラムを修了し、日本体育協会で実施する筆記試験と実技試験に合格するとアスレティックトレーナーの資格を取得できます。

 

共通科目は、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの3つに分かれており、Ⅰのカリキュラムを終えれば、スポーツリーダーの資格なんかも取得できたりします。

共通科目では”トレーニング論”や”スポーツ心理学”や”スポーツ栄養学”などのスポーツ指導者に必要な全体的な知識を学びます。

そして、専門科目では”スポーツコンディショニング論”、”アスレティックリハビリテーション”、”応急処置”、”怪我の評価”などのアスレティックトレーナーに必要な専門的な知識を学びます。

そして、現場実習では実際にアスレティックトレーナーのいるチームに帯同して180時間の実践活動をします。一日に何時間、一週間に何時間まで申請可能などと決まっていたりするため、2か月集中して帯同すればいいんじゃね?みたいなことはできません(笑)

 

この3つのカリキュラム+日本赤十字社の救急法(基礎講習+養成講習)を受講済みで、やっとのことで筆記試験と実技試験からなる認定試験を受けることができます。

 

うわー、やらないといけないこといっぱいあるし、結局3つの選択肢のうちどれを選べばいいのかわからん!!

と、お考えの方も多いと思われます。

 

 

2、大学がオススメ

これは割と著者の独断と偏見なのですが、まぁわりとあってると思います(適当)

 

まず、日本体育協会主催の養成講習会に参加”について。

日本体育協会が直接行っている、アスレティックトレーナー養成講習会を受けるには日本体育協会加盟団体などからの推薦がないといけません。

そして、推薦を希望する団体内でトレーナーとしての実績がないと難しいみたいです。

また、受講を受け入れている人数にも限りがあるため、相当な活躍をしていないと受講は難しいらしいです。(これは噂とかではなくホームページに載っています笑)

…というわけで、高校生がこのコースからアスレティックトレーナーを目指すのはスーパー難しいと考えられます。

 

そして次に、”免除適応コース承認校に入学”について。

まぁ残る選択肢はこれなわけで、先述した通り、専門大学の2つの選択肢があります。

専門だと、アスレティックトレーナーの勉強一本なので、2年でカリキュラムは終わります。もう、高校生のうちから、自分は絶対にアスレティックトレーナーになる!!!

最速で資格を取りたいという方にはオススメかもしれません。

しかし、世間のアスレティックトレーナーに興味のある高校生のうち、アスレティックトレーナーにしか興味がない、それしか考えてないという人はどのくらいいるでしょうか?

入学してみて、やっぱり、自分とは違うかもな…とか、こっちの分野にも興味がでてきた!!みたいなことになる可能性がある方には、やはり大学がオススメです!

著者も大学に入学し、アスレティックトレーナーを目指しているうちの一人です。なんなら、現在(2017年5月)も学生やってます(笑)

入学当時はアスレティックトレーナーを目指す人は沢山います。それ目的で入学している人もいます。しかし、入学してしょっぱなのガイダンスで

アスレティックトレーナーになるためには、共通科目や専門科目、現場実習をしないといけないのでとっても大変です。生半可な気持ちでは途中で投げ出してしまうので、他の教員になることなどの選択肢も今一度考えてみてください。」

…と脅され?て、入学してすぐに諦めてしまう人も多いです(笑)

あとは、実際に授業を受けていく中で、違う分野に興味を持ったり、トレーナー活動をしていく中で、自分のやりたかったことと違うかも…みたいなこともあったりして、途中でアスレティックトレーナーを目指すのを辞めてしまう人もいたりします。

別にアスレティックトレーナーを目指す厳しさについて書いているわけではありません(笑)

そうではなく、大学に入ることで”自分の人生の選択肢を広げる”ことができるということを伝えたいのです!!

大学4年間の中で、本当にいろんな人に出会います。他学部の人とも交流できるので、他分野の意見とかも聞けます。そうすることで自分の視野を広げることができます!

もちろん、その点に関してはアスレティックトレーナーしか目指してない人も他分野の意見を聞ける良い機会になるのでオススメです。

 

 

3、大学選び

というわけで、大学に行くことが決まったみなさん?(笑)のために大学選びについてお話ししようかなと思います。

学校でも資格をとれます! - 資格をとりたい! - スポーツ指導者 - 日体協

 ぶっちゃけ、ホームページにある一覧を見たら一発です(笑)

 

 一応見方としては、共通科目Ⅰ・Ⅱ・ⅢAT(Athletic Trainer)というところに●がついてあるところが、いわゆる共通科目と専門科目が受けられる学校です。

共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲだけに●があるところは専門科目を日本体育協会主催の養成講習会にて受講しなければいけません。

 

そんなの見るの面倒くさいという方…

著者がぱっとみで、大学らしきところを選抜してみました。短期大学ぽいところは抜かしております。

(※注意:もしかしたら、専門学校も入っているかもしれません…気になった学校があったら自分でちゃんとカリキュラムなどを確認すことをお薦めします。)

 

北翔大学(北海道)

仙台大学宮城県

流通経済大学茨城県

筑波大学茨城県) ※大学と大学院に行くことが必要みたいです

帝京大学・宇都宮(栃木県)

早稲田大学(埼玉県)

順天堂大学(千葉県)

了徳寺大学(千葉県)

帝京平成大学(千葉県)

国際武道大学(千葉県)

帝京科学大学(東京都)

日本体育大学(東京都)

帝京平成大学・中野・池袋(東京都)

帝京大学(東京都)

法政大学(東京都)

東海大学(神奈川県)

中京大学(愛知県)

大阪体育大学大阪府

武庫川女子大学兵庫県

環太平洋大学岡山県

九州共立大学(福岡県)

久留米大学(福岡県)

 

っという感じです。

もう一度言いますが、参考までに見てください!自分の行きたい大学はちゃんと自分でしっかりと調べましょう!

適応コース承認校は専門と大学合わせて67校ある(2016年6月15日現在)みたいなので、その中から自分の条件に合わせて選びましょう。

 

大学選びの際に考えていただきたいのが、留学制度が充実してるかどうかです。

別にアスレティックトレーナーになるためには留学なんて関係ありませんが、大学生活の中で留学することは強くお薦めします!!

このブログでも後々書くと思いますが、留学して自分の視野を広げたり、海外の文化に触れたり、海外の友達を作ったりするのは自分の人生の財産になると思います。

そして、休学して私費でいくのもいいですが、大学のプログラムで行くと奨学金が貰えたり、私費で行くよりも安くなることが多いので、大学の留学プログラムを利用するのはオススメですね!

 

 

…って言っても、最終的に進路を決めるのは自分自身!!

いろいろ考えてみて自分にあった学校などを見つけて、アスレティックトレーナーを目指してみてください。そんな方々の参考になれば幸いです!!

 

Bye!

(受験勉強で奮闘したことについてはまぁ、今回はやめておきます笑)

 

 

 

広告を非表示にする